長芋の保存方法

    • 長いもに直射日光を当てることは避けて下さい。長いもに直射日光を当てると、長いもの表皮が紫色に変色します。
    • 長いもが凍らないようにして下さい。長いもを凍らせると腐敗の原因になります。
    • 高温、多湿を避けて下さい。高温、多湿の環境は長いもにカビが発生する原因になります。
    • 切った長いもを保存する場合は、長いもの切り口が乾燥しないようにラップで覆い、冷蔵室か野菜室で保存して下さい。

※  長いもは他の野菜に比べ長く保存できますが、生鮮品ですのでお早めにお召し上がり下さい。長いもに傷をつけてしまったり、長いもを折ってしまった場合、冷蔵庫や野菜室で保存するかお早めにお召し上がり下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)